1636265975081
あなたの釣果 記事にしてみませんか
line_36797787467732
1633060031372
FB_IMG_1636351871564
1636265676395
1636265933648
1636266169451
received_888900675077595
line_401230613800273
1639307036445
IMG_20220109_092054_644
1636265664595
1636265798190
20211027_125536
line_36722713403594
20220703_130726
previous arrow
next arrow

水産業で働く男飯紹介❗【数の子編】

魚料理

今回も男飯を紹介していきます❗

今年1年も残りわずかですね。

もういくつ寝るとお正月~🎶

お正月と言えば食べたい数の子ですね❗

今回は数の子を紹介していきます。

使用した数の子はアメリカ産ですね。アメリカ湾内で水揚げされたニシンです。

アメリカ産は数の子の中でもっとも水揚げが多く、非常に卵が大きいのが特徴ですね❗

価格もミドルレンジになるのでコリコリした数の子と言えばこちらかと思います。

豆知識ですが、数の子の産地は

  1. 北海道
  2. カナダ太平洋
  3. アメリカ
  4. ロシア
  5. カナダ大西洋
  6. ヨーロッパ系

とあります!

 

1.北海道

文字通り国産の数の子です。入荷は安定しないので水産を扱う私でも見ることがありません。本物の数の子=本ちゃんと別名されます。

2.カナダ太平洋

高級料理店やお寿司屋さんはこちらを使用していると思います。アメリカ産とは違い羽が小さく均一です。薄膜も取り除いてありますので手間をかけている分、高価な理由とも言えます。サイズは小さいものが中心ですがパリパリとした歯ごたえが特徴ですね❗

数の子 – 株式会社やまか
数の子の主生産地である北海道留萌にて「塩数の子」「味付数の子」「たらこ」などを製造している水産食料品製造メーカー、やまかのWebサイトです。

3.アメリカ

とにかく大きい数の子を食べたい方はこちら。価格も平均的なためギフト向けの化粧箱やスーパーさんでも比較的バラ販売をされていますよ。水揚げも多いのですが販売価格重視なため薄皮は取り除いていません。また薄膜を取り除くとほぐれて崩れてしまうという点も理由のひとつです。

北海道岩内ならではの水産加工品をお届けします | 一八興業水産株式会社

アメリカ産数の子と言えば【一八興行水産】

4.ロシア

私は扱わないので評価は出来ません。年ごとに品質にかなりの差があるためオススメしていません。歯ごたえはアメリカとカナダ大西洋の中間的な食感です。

 

5.カナダ大西洋

一般的に、味付け数の子とはこちらになります。価格面から折れ子が中心のパック品が多いですね❗食感は、北海道~ロシアに比べて柔らかいです。柔らかいからこそ調味料が染み込みやすく味わい深くなりますよ~

数の子製造・卸販売のまるほん本間水産株式会社
北海道札幌市の水産物卸売業、水産物加工製造業の丸本本間水産株式会社です。

数の子大西洋と言えば【本間水産】

6.ヨーロッパ系

カナダ大西洋と同じく柔らかい食感ですが魅力はアメリカ産にも負けない大きさです。そのため数の子松前などによってはたっぷり含んだ商品として紹介されてます。

見た目のイメージがインパクトありますのでCMで大御所の芸能人が宣伝してたりします。○○富○夫さんとか笑

株式会社 布目 〜舌の上に海がある〜
北海道函館であがる水産物を原料に、塩辛・松前漬などを製造し全国の食卓へ。高品質と味へのこだわりを追求し、より豊かで快適な食文化の創造を目指し、地域の繁栄と環境保全に貢献します。
函館・竹田食品 | イカの街函館から海産物の美味しさを生鮮珍味でお届け
北海道の海の味覚、いか塩辛と生鮮珍味の総合メーカー。160種以上におよぶ豊富なラインアップの中から、特にご好評をいただいている商品をオンラインで販売。メーカー直送なので安心・安全。お気軽に、ぜひご利用ください。

ヨーロッパ系と言えば【布目】【竹田食品】

価格がいちばん安いから出来る事です✨たっぷり数の子を食べたい方にオススメ❗ただし数の子が柔らかく味が染み込みやすいので味付けが濃くなります。

数の子の紹介はこれぐらいにして本題と行きましょう❗

数の子の浸し豆和え

まずは、青豆を用意して一晩水に浸けおきます。

水を吸ってふっくらしてきました。

続いて豆を弱火でコトコト30分煮込んでアク抜きしていきます。

同時進行で、数の子の塩を抜いていきます❗

今回、使用する数の子はこちら

数の子の塩抜きは半日ぐらいかかるのでのんびり過ごしましょう🎵

水の入ったボウルに数の子を入れ塩を大さじ1~2を入れて塩抜きをします。

2時間おきを目安に水を換えてはの繰り返しです。

計4回行いました。

塩抜き最終工程は少しずつ味見しながら調整してお好みに近づけましょう✨

塩抜きの最中、数の子の薄皮をキレイに取り除きましょう❗

薄皮が残っていると苦味の原因になります。手間ですが必ず行いましょう

処理が終わりました💦

キレイになりましたよー✨

では続いてだし汁を作っていきます

鰹節の小袋6g【少ないかな】

日高昆布を5㌢ほどの大きさを煮込んでいきます。

煮込んだだし汁のみを抽出し、醤油、味醂、酒で味付けを行います。

そこにアク抜きを終えた青豆を浸け味を染み込ませます。冷めるまで待ちます。

数の子は食べやすい大きさにカットします。

冷めただし汁をたっぷり吸った青豆と和えれば完成です😁

ごくシンプル味付けですが、数の子本来の味わいが楽しめますよー

アレンジでサラダにもなるのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか

 

管理人かっちゃん
記事を作成する釣りバカ❕
kazuki

釣りが好きすぎて水産業界に飛び込んだ釣りバカ❕

海を求めて手軽な堤防釣りから船でのBIGGAMEに至るまで幅広くチャレンジしています。もちろん長野県の特徴を最大限活かした渓流釣りも行います。

担当魚種は【鮭鱒/魚卵/珍味専門職】

週間TSURINEWS甲信越担当ライター

ブログ運営【Nagano Angler,s Connection管理人】長野県の釣りを楽しむ全て方々を紹介させていただいております。

長野県釣りYouTubeとの繋がり多数。

2019年11月~
YouTube投稿開始

2021年9月~
ブログ運営開始

2021年11月~
GoogleAdsense承認

2022年1月~
AmazonAssociates承認

2022年5月~
週間TSURINEWSライター就任

kazukiをフォローする
魚料理
スポンサーリンク
kazukiをフォローする
Nagano  Angler,s Connection

コメント

タイトルとURLをコピーしました