気になる内容はGoogle検索🔍

泳がせ釣りで高級ヒラメを確保せよ❗

釣果報告【海釣り】

泳がせヒラメとは

小魚をヒラメ専用の仕掛けに刺し、泳がせる事で狙う釣法である。

ヒラメは他の魚を補食する肉食性であるため実に利にかなっている。

ただし、仕掛けの良し悪しと言うよりは小魚頼みでもあるため運も必要になってくるかもしれない。

とはいえ、産卵期で集まってくる僅かな期間であるが高級ヒラメを手軽に狙えるチャンスが広がっている。

場所は

新潟県直江津周辺になります。フラットフィッシュであるヒラメは砂地に生息するため20㍍ほどの浅場がポイントとなる。

使用する餌は

基本的には、活アジをを使用する。遊漁船などで購入する場合が多いが新潟県の名立の釣具【徳市】では直接購入が可能である。

※ただし、今年は活アジの入荷が少なく遊漁船が取りまとめて販売しているようなので事前に問い合わせが必要かもしれない。

また、餌には意外かもしれないが川魚のウグイも泳がせヒラメに使用する事が出来るようだ。こちらは新潟県の上越【いとう釣具】で購入が可能だ。

餌用の小魚たちは、泳がせヒラメに限らずキジハタなどの根魚にも効果的なため状況に応じて利用されてみてはいかがだろうか。

ヒラメ釣り開始

5月後半まで行われる泳がせヒラメは夕暮れとともに活性が高まっていく。

遊漁船の集魚灯の点灯がされると徐々に小魚などのベイトが集まってくる。

底に高級ヒラメが迫って来ることを期待しながら仕掛けの準備を進める。

仕掛けは

基本的には市販の泳がせヒラメ専用の仕掛けでかまわない。強いて言うなら固定式よりは誘導式の方がアジが弱らずにサイズに合わせて針掛けできる。ただし仕掛け1セットのみで、固定式は仕掛けが2セットになっている場合が多いためコストパフォーマンスは落ちる。

アジを投入

いよいよ仕掛けを投入していく。ザル等で優しく掬い上げ針を刺していく。まず孫針を鼻穴に通し、次に背にトリプルフックの針を刺していく。なるべく弱らないようにトリプルフックのひとつを背鰭ギリギリに刺していく。

そして、素早く投入し底まで落としこんでいく。落としこむ際は、クラッチを緩めラインを親指で抑えながらサミングしながらヒラメの棚を目指す。

棚はだいたい底から3~5㍍の範囲で狙っていく。ヒラメは底から獲物が来るのを待っているため、アジをしっかり見せてあげるのが大事だろう。

いよいよヒラメの登場

正直、ヒラメはある意味食事に関してはお上品な魚だ。大好物の獲物を慌てて捕食のではなく、ゆっくりゆっくり味わいながら捕食していく。

そのため釣り人からしたら非常にじれったい瞬間が続く。大きくゆっくりと上下する竿を見ながらじっと耐えなければならないからだ。ヒラメ40と言う言葉があるようにしっかり喰わせなければ簡単にスッぽ抜けてしまう。

ただし、今回の場合は違った。餌用のアジが例年に比べて小さかったため明確な当たりとともに突然と竿が海中へと突き刺さった。

このぐらいはっきりした当たりは滅多にない。

よっぽどヒラメが大きいか、餌が小さく丸飲みされたかくらいだろう。

ゆっくり底から巻き上げて来ると2㌔~のヒラメであった。餌用のアジが小さいため丸飲みされたと推察が出来た。ただしやはり小さいアジには大物はかからないか…。

それでも嬉しいヒラメだ。基本的には餌のアジに頑張ってもらうしかない釣法ではあるが左舷と右舷で釣果に大きな差が表れた。今回はその理由もあわせて記述していこうと思う。

なぜか左舷ばかりヒラメが⁉️

考えられる理由は

左舷は筆者を含めた仲間で泳がせヒラメを狙いながら集魚灯に集まるアジ、サバを狙いながらサビキ釣りをしていた事が理由だろう。

常にコマセを撒き続ける事で、集魚灯に集まるベイトを更に寄せる事が出来た。

さらにはベイトを捕食しているヒラメの多くを筆者の釣り場に寄せる事が出来た。

ヒラメを狙いながら、一緒にアジを狙う。一石二鳥の作戦であった。

気になる釣果は

結果的にヒラメは2枚。さらにお土産として40センチを越えるアジとサバを10匹を釣り上げる事が出来た。

ヒラメの釣果は船中で7枚だった。

うち左舷の筆者の両隣で2枚づつとサビキ釣りをしていた、そうでないかで圧倒的な差が出ていた。

ただし注意も必要

狭い間隔で竿を2本出す場合は、おまつりの可能性もあるため注意が必要だ。そのため、竿の長さで調整する必要がある。

筆者の場合は、コマセ真鯛の竿を使用しながら、今回は短竿も新しく用意した。

アマノ釣具から発売されているZEALOT NEW BOAT TETRAだ。

ボート用の竿で80号まで対応しているた幅広く近海釣りを網羅出来るため便利である。

最後にあると便利なもの

ホームセンターなどで販売されている乾電池式のエアーポンプと活アジを泳がせる用のバケツがあると便利である。

Hapyson エアーポンプ

活アジ用バケツ

遊漁船に備え付けのホースから海水をひくことも出来るが移動中に止まってしまうデメリットがあるので最後まで元気なアジを使用したい場合は、便利なアイテムとなる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました