1636265975081
あなたの釣果 記事にしてみませんか
line_36797787467732
1633060031372
FB_IMG_1636351871564
1636265676395
1636265933648
1636266169451
received_888900675077595
line_401230613800273
1639307036445
IMG_20220109_092054_644
1636265664595
1636265798190
20211027_125536
line_36722713403594
20220703_130726
previous arrow
next arrow

いざ!飛び出せ!!かかり釣りへ…遠征型YouTuber【こーきちの釣りバカ日誌】チヌ道編

使用タックル紹介【海】

こーきちの釣りバカ日誌

長野県にて釣りYouTuberをされています。
【こーきちの釣りバカ日誌】のこーきち様をご紹介させていただきます!!

かかり釣りを中心とした遠征型のYouTube投稿を行っています。
夢は日本一のチヌを釣りあげる事!!

今回はタックル紹介を中心に、【かかり釣り】の独自メソッドを熱く語っていただきます。

かかり釣りとは

筏やカセ(小舟、和船)に乗って釣りをするのがかかり釣り。

短竿を使って、ダンゴの中に付けエサを仕込む独特のスタイル、海底でダンゴが割れ、(中層でダンゴを割り刺し餌を同調させ落とし込んで行くこともある)付けエサをついばむ繊細なアタリを取る真剣勝負。かけた後は短竿ならではのスリリングな攻防が魅力。
メインとなるターゲットはチヌ(黒鯛)
そのほかにも真鯛やグレ(メジナ)ヒラメなどさまざまな魚種に出会うことができる。似ている釣り方としては紀州釣り(ウキ団子釣り)などがある。

ロッド

竿は穂先に張りがありバットはチヌや真鯛のツッコミも吸収し、いなすことの出来るものが良い。
私の場合1万円ほどの竿をはじめに買ったが、潮のトルクに負けてしまい穂先が死んでしまい繊細な当たりを表現することもできず、またかかった後のやり取りではバットにも張りがなかった為、竿がのされてしまいとても苦労した。

おススメはこれだ!!

オススメの竿はシマノしか分からないがセイハコウフィラート以上のモデルが良い。セイハコウフィラートであれば2本の異なる調子の穂先が付いてくる。水深、釣り方に合わせて穂先を選ぶことができる。また不意のトラブルで穂先が折れた場合でも残りの穂先を
セットし釣りを続けられる。

①セイハコウスペシャルLR

セイハコウスペシャルLRは異なる調子の穂先が3本(先調子、中切り調子、攻め調子)

②20イカダリミテッド

20イカダリミテッドはリールシート1本、長さの異なるバットに2本、長さの異なるグリップ2本、調子の異なる穂先4本(91、82、73、64調子)が付いている。

メインで使用しているのは
20イカダリミテッドである。別売りパーツのリールシートを追加で購入し2セットで釣りをしている。主に使う調子は73調子(中切り)と、82調子(先調子)である。
穂先はグラスであるがバットはネジレ、つぶれに対して高強度なスパイラルXコアが搭載されていて不意なツッコミにも対応がしやすく魚を浮かせやすい。また巨ボラとの格闘でも主導権を握る事が比較的容易である。


リール

リールは下向きリールをオススメしたい。
下向きリールはスプール径が大きい為、糸にクセが付きにくい。糸にクセがつくと穂先に絡まり繊細な穂先が折れる危険性がる。

①20セイハコウリミテッドRC83
②セイハコウスペシャルRC83

どちらもちょい出しクラッチ(クラッチを指で倒している間だけラインを送り出せる)が付いている。またクラチッチを戻す際もハンドルを回すことなくクラッチ操作でクラッチを戻す事が可能である。ちょい出しクラッチは刺し餌だけで落とし込む際やハンドルの位置、穂先の位置調整の時に重宝する機能である。またハンドル1回転で約83センチ糸を巻き取る事が可能である。またコストパフォーマンスも優れる。

使用する餌は

ダンゴの配合は人それぞれだが、私の場合はパワーダンゴチヌ1袋
大ちぬスペシャルハイパー半袋
速戦爆寄せダンゴ半袋
荒挽きサナギ
冬場はオキアミまたはアミエビ1ブロック
刺し餌の基本は
オキアミ・コーン・丸サナギ
ニュー活さなぎミンチ激荒(ダンゴのアンコや混ぜにも使用)
季節やポイントによっては
ボケ・活きエビ・アケミ貝・カニ等を使用


仕掛けは

仕掛けは至ってシンプルである。
糸はフロロカーボン1号から2.5号の通しでチヌばり(3号〜6号)を結び、刺し餌をつけダンゴに包みクラッチを切って落とし込むだけである。オモリは基本使わない。
使う場合は、ゴム張りガン玉G5〜2号
また中通しオモリやフリーリグを使う場合もある。

釣り方

これらの釣り方は私個人の考え釣り方になる為、参考程度に読んでいただければと思う。

釣り方のテクニックは幾つかあるが基本はトントンの釣りである。トントンとは糸と水深が同じであるということである。まず針に刺し餌をつけダンゴに包み足元(潮が流れている時は潮上)で海底まで落として行き、着底したら穂先にダンゴの重さが少し掛かるくらいに糸を張る。

ダンゴが割れたらすかさず穂先を20センチから30センチ下げ、当たりを待つ。
この際、穂先が揺れないように慣れないうちは置き竿にするのが良い。穂先が揺れて刺し餌が浮いてしまうと餌取りの餌食になってしまう。

1,プラスαの釣り
プラスαとは水深プラス竿一本分程余分に糸を出しす釣り方。
潮が流れている時や2枚潮の時、波がある時に使う事が多い。
※飛ぶような潮ではガン玉で無理やり停める事もある。ダンゴが着底したらダンゴが割れるの待たずに糸を余分に出し、潮に馴染ませて当たりを待つ。ダンゴの割れるのは確認できないが穂先がおさせ込まれるアタリは確認可能である。
この時注意が必要なのはガン玉は打たない方が良い。底をかいてしまい根がかりの原因となる。また合わせる際は立ち上がり合わせないと針がかりが浅くなりバラすリスクが上がる。
2,中切り釣法
中層でダンゴを割り刺し餌を同調させ落とし込んでいく。
(私はオモリは付けない)この際、底の水深で糸に建築用マーカーペンで印を入れておくと便利である。大チヌは警戒心が強い為ダンゴの煙幕が落ち着いてから登場する事が多い。その為、団子が割れてから10分程放置(放置時間を「間合い」「インターバル」と言うこともある)する事もある。特に冬場はロングインターバルでアタリを待つ。アタリを待つ際も基本的には誘いは入れない。
チヌ釣りは針を飲ませてやる方がバラシのリスクも軽減される。基本的には穂先が完全におさえ込まれてから合わせれば良い。
上手く合わす事ができたら、竿のトルクを使って魚を浮かせポンピングでリーリングする。無理にやり取りをすると穂先が破損したりラインブレイクの恐れがある。肘から先を使って急なツッコミなどを吸収し、いなすと良い。

Q&A形式でお答えいただきました

釣りを始めたきっかけ

父親の影響で未就学児にころから船に乗っていました。船に乗る事が当たり前でしたね。

どのような釣りをされてますか

以前は海(船)、川、池、とさまざまな釣りをしていたが今はかかり釣りがメイン

思い出の魚があれば教えていただけますか

初めてのかかり釣りで初ゲットが年無しチヌでそれから完全にハマった

かかり釣りを始めたい方にアドバイスはありますか

初めからそれなりの竿とリールを用意した方が最終的には安く済む。
特に安い竿は穂先に表現性もなく、バットも弱いためかけた後のやりとりがとても辛くなるので。
初めからそれなりのモデルを購入することをお勧めします。またかかり釣りは年を重ねた後ものんびりと嗜むことのできる釣りだと思う。

かかり釣りをする上で大切にしてる事はありますか

常に水中を想像し、餌取りの動きやチヌの入ってくるタイミング、刺し餌のローテーションなどを考えている。

かかり釣りの難しさを教えていただけますか

与えられた場所でチヌを寄せる作業。

かかり釣りの楽しさを教えていただけますか

チヌの当たりを待つ間の「静」の時間とチヌがかかった後の「動」の時間、があり「静」から「動」への切り替わりがクセになる。

これだけは他の人に負けない自信がある事はありますか

技術はないが諦めない心。

かかり釣りをする上で狙うべきポイントとかありますか

いかに魚を寄せて活性を上げるか。

今後の目標を教えていただけますか

日本記録のチヌを釣り上げる!!

最後にかかり釣りに関して一言

精神修行そのものだと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました